沼本ボートは、神奈川県津久井湖にて昭和46年創業の貸しボート店です。

--更新

矢印水位
--
矢印ボートを出す場所
--
矢印営業時間
--
営業時間は日の出・日没時間により変わります。
※時間外に釣りたい方はご相談ください。追加料金は不要です。
矢印今月の定休日
--
定休日:第1・3・5木曜日
(祝日の場合は翌日)
矢印臨時休業のお知らせ

アクセスカウンタ since2000

お問い合わせ:
042-685-0347

神奈川県 津久井湖遊船協会所属
沼本ボート

随時更新

バス年間ランク1位

59cm 3820g

6/24 長澤さん

広告

ワカサギの放流

毎年ワカサギ釣りを皆様に楽しんでいただけるよう、津久井湖遊船協会では毎年春にワカサギ放流を行っています。ここでは、その取り組みについてご説明・ご報告します。

ワカサギ放流について

津久井湖では、ワカサギ釣りで有名な芦ノ湖方式を採用し、採卵・孵化を行っています。
シーズンが終わり、親魚が産卵に入る3月~4月いっぱいが放流時期です。
また、湖内の採卵の他、皆様からの「ワカサギ放流募金」を利用し、北海道等から卵を買いつけての放流も行っています。

①親魚を採捕
①親魚を採捕。
津久井湖最上流、道志川で期間中毎日行います。
②親魚たちから採卵
②親魚はほとんどが採捕した夜に自然産卵するので、それを採卵。底に黄色く溜まっているのが卵です。
③計量後、卵に不粘着処理
③計量後、天然泥を使い卵に不粘着処理。
全行程で薬品は一切使用しません。
④孵化器に移します
④自作孵化器に移します。
8本のパイプに卵を約2kgずつ入れています。
孵化中の様子
孵化中の様子。卵は黄色が薄くなり、目が出来て黒くなると、やがて孵化します。
孵化装置はいつでも見学できます
毎年およそ5000万~1億粒の孵化を行っています。孵化装置は沼本ボートにあり、期間中はいつでも見学できます。
⑤8~10日後、孵化が終わったところで器に移し、放流へ
⑤8日から孵化し始め、稚魚が水と一緒に流れ出して器に溜まったところで放流へ。
放流場所
2012年の調査で、稚魚のエサとなるプランクトンが名手橋付近に最も多いと判明した為、ボートで運搬し放流します。
津久井湖遊船協会
津久井湖ワカサギ放流は、上流より「道志川ボート」、「沼本ボート(沼本旅館)」、「津久井観光ボート」、「太井フィッシングボート(矢口釣り具店) 」という、津久井湖で貸しボート屋を営む4店が加盟する「津久井湖遊船協会」が行っています。

BACK

放流状況報告

●2017年度

日付作業内容
3/1ワカサギ親魚の採補を開始
4/16来期に向けての採捕が終了。採補数約1億200万粒、これに昨年同様、
購入の網走卵3000万粒を加えるので昨年を上回ります。
手伝って下さった友人と釣り人の皆様、遊船協会スタッフ全員有り難うございました。
4/26採捕分の孵化放流が完了しました
5/9網走卵は不漁で入荷が有りませんでした、従って1億は超えましたが去年を下回りました

●2016年度

日付作業内容
3/1ワカサギ親魚の採補を開始
4/17今期の採補は終了。累計採卵量9500万粒と初期目標を大きく上回りました。
あとは購入卵の到着を待つのみです。
4/27今年の採補分は孵化放流完了しました
5/6網走漁協から3000万粒入荷しました
5/16網走卵の孵化放流が完了しました。
累計放流量は1億2500万粒です。
初期の目標数・トータル1億粒は達成しました来期の好釣果を期待します

●2015年度

日付作業内容
4/25自家採捕量4074万粒、孵化放流終了しました。
4/28購入卵3000万粒入荷し孵化開始。
5/7孵化放流終了しました。
関係諸氏ご苦労様でした、好釣果を期待します。

BACK